〜結婚にかかった費用を公開します〜
結婚・新生活にかかる「お金」についてトコトン考えるサイト
How much?
結婚&新生活
HOMEへ


式・披露宴費用公開
  条件&事前見積もり
  基本料金
  料理関係
  会場・演出
  引出物・ペーパーアイテム
  挙式・ビデオ・写真
  衣装
  その他
  合計金額


新生活費用公開
  家具一式
  電化製品
  生活雑貨
  引越し費用
  合計金額

  住居関係(社宅の場合)

その他にかかった費用公開
  結納プラン
  結婚指輪・婚約指輪
  新婚旅行
  お祝い返し(内祝い)
  引越し先へのご挨拶
  結婚しましたハガキ


式・披露宴 節約小技集
  婚約指輪の選び方
  ダイヤの知識を身につけよう
  結納とは
  最近の結納事情
  仲人さんって必要なの?
  招待状と宛名書き
  ペーパーアイテム
  引き出物・引き菓子
  衣装
  アクセサリーと靴
  ウェルカムボード

  遠方からのお客様
  危険度別節約小技集


新生活 節約小技集
  断然お得な家電ネット通販
  家具のネット通販は使い方次第
  ポイントカードを徹底活用
  クレジットカードのススメ
  省エネ家電は高くても買い!
  引越しの見積もりを取る
  必要な物を吟味


結婚&新生活
失敗しないスケジューリング
  式・披露宴の準備
  引越し・新生活の準備


優良サイト リンク集
  結納関係
  ペーパーアイテム
  ティアラ・ヴェール
  ネックレス・イヤリング
  ブライダルシューズ
  グローブ・その他小物
  ブライダルインナー
  ウェルカム系グッズ
  リングピロー
  引出物・引菓子・内祝い
  電化製品
  家具
  引越し関係
  新婚旅行


How much? 
      結婚後の生活費
公開家計簿 WAKABA
結婚当初から続けている家計簿を
公開しています(管理人別サイト)


納得の家電通販SHOP
ラクラク収納アイテム
格安バス・サニタリー雑貨

衣装
真っ先に悩むのが、衣装をレンタルするか、購入するかということではないでしょうか。

衣装を購入するorレンタルする場合のメリット、デメリットを比較してみましょう。

レンタルの場合のメリット・デメリット
    ・店にもよるけど、洋装で10万円〜和装で17万円〜、結構高い
    ・提携店以外は持ち込み料がかかることがある
    ・早めに予約を入れないと着たいドレスが着られなくなる
    ・当日の手配は業者が行うので楽
    ・規定サイズしかないので、微妙な体型の人には辛い
    ・2次会の衣装もまとめて借りると割引になるところがある

購入の場合のメリット・デメリット
    ・自分に合ったドレスが制約なく探せる。
     (サイズの直しをしてくれるところもある)
    ・値段の幅が広い。1万円から100万以上するものまで…
    ・式が終わっても手元に残る
    ・持ち込み料がかかる可能性が高い
    ・当日の手配は自分でしなくてはならない


衣装の費用を節約するには、次のような方法が考えられます。

県民共済ブライダルプラザで安くドレスをレンタルする
お住まいの地域によって条件が変わってくるのですが、共済に加入することでドレスが格安でレンタルできる場合があります。
    
例えば、私の住んでいる東京都の場合、ウエディングドレスがアクセサリー付でどれでも18,900円と激安。
提携式場では持込料無料になり、海外持ち出しも無料なんです。
ただ、非常に人気が高く、気に入ったドレスが借りられない&最新のドレスはあまり置いてないなどの噂を耳にすることが多いです。


ネットで安く購入する
最近はネット上で安くドレスを販売しているお店が増えています。
    
ただ、ドレスは実際に着てみないと雰囲気が分からないので、試着OKだったり、返品・交換が可能な店を選びましょう。

セルドレス販売店 LINK
Vive la mariee
   東京南青山・大阪南船場に店舗を持つドレスショップです。
   注文から即日発送、返品&交換が可能と、サービス面も万全。
   ドレスは新品が4万円台から購入できます。

ウエディングe工房
   レンタルドレスのUSED販売。
   自宅で試着ができるので、イメージ似合った商品が選べます。
   (自宅試着は3000円の料金がかかります。直営店まで出向いて
   試着すれば無料でOK・・・直営店は東京・浜松町です)
   通常販売価格40万円のドレスが2万円台で購入できたりと
   かなりお得感があります。
   

2WAYドレスにしてみる
 ・挙式時にはホワイトのスレンダードレス、披露宴時にはその上に薄く
  色のついたカバードレスを着るタイプ
 ・トレーンやスカートが短くなるタイプ
     
  などなど、探してみると色々あります。
     
  意外と同じドレスに見えないくらいに変化するものが多いです。
  ブーケやヘアスタイルを変えただけでも随分雰囲気が変わりますしね。

自分で作る
    究極ですね(笑)
    できる人とできない人がハッキリ分かれそうですが、
    手作りウエディングドレス専門店も探せばあります。
    例)Wedding-dress info(ドレスキット59,800円)
    一生の思い出になること間違い無しです。

私の場合、幸いレンタル店で気に入ったデザインのものがあったので即決してしまいました。
でも、ウエディングドレスを買うという選択も悪くないと思います。

ウエディングドレスの販売なんて高くつくんじゃ…って思っている方、
一度お店に足を運んでみても損はないですよ。
 
レンタル品やサンプル品を安く販売しているところがありますし、つい最近、デパートのレンタル品を1万円で販売するとニュースになっていました。
(2時間で完売したそうです)

式の後も手元に残せて嬉しいという人もいるでしょう。
私の実母は30年以上前に購入した自分のウエディングドレスを今でも大事に持っています。
時々虫干ししているようですが、やっぱりいい記念になると言っていました。

最近は着たドレスをミニドレスにするサービスもあるので、場所ふさぎになることもありません。


 
copyright (c) 2005  HOW MUCH?結婚費用